UVケアのSPFとは? 1ページだけでわかりやすく解説します^^/

SPFとかSPF++とか、いろいろ種類がありますよね^^;
・・・すぐに理解できるように解説いたしますね。
SPF50+PA++++UVミルク セラミドケア 日焼け止めに紫外線を強力カット
  


■UVカットの基本的な知識
SPFというのはSun Protection Factorの略語で、紫外線のB波をカットするものです。
これは紫外線防御指数ともいいます。この数値が大きければ大きいほど、紫外線を防ぐ
時間が長くなります。

そしてPAは、Protection Grade Of UVAの略で、A波の紫外線をカットします。
+とか++とかの表記があると思いますが、+が多いほど紫外線を防げますが、
より肌への負担も大きくなってしまうので、ご自身の肌を考慮して選ぶように
してください。
SPF1の場合は、紫外線を約20分間防げます。
SPF20だとしたら、20分×20=400分(約6時間半)、紫外線を防いでくれることになります。

■お肌にやさしいものをお求めの方はこちら^^
肌につける化粧品は少ないほうが良い【RAFRA(ラフラ)商品】 ラフラ化粧品通販でUVカット

■日焼け止めで超人気なのはこちら♪
SPF50+PA++++UVミルク セラミドケア 日焼け止めに紫外線を強力カット



効果が高くても、肌への刺激にご注意

要するにPAやSPFの数値の高い日焼け止めは、紫外線に対する効果は大きい反面、
肌への負担も大きくなるので、敏感肌やトラブル肌の方は注意が必要です。
数値の高いものは、海水浴やスキー、テニスなど日差しが強いときだけ使用し、
普段ほとんど強い日差しに当たらないときは、数値の低い日焼け止めを使うほうがいいでしょう。

PAやとSPFは、1平方センチにつき2mmずつ皮膚に塗ったときの値となるのですが、決められた
量を塗ると思ったよりも白くなるため、少なめに塗ってしまいがちです。しかしSPFやPAの数値は、
たっぷり塗ったときの効果を表しているので、ベタつくからといって少ししか塗らないと、 日焼け止め
の効く時間は、半分になると思っておいたほうがいいです。

シミができやすい皮膚の周りには多めに塗るようにしてください(頬骨など)。そしてUVカット機能のある
ファンデーションを重ね塗りしていきます。夏場は特にですが汗などで落ちやすくなります。
時々塗り直すのがいいでしょう。
アウトドアでのスポーツや登山などをする女性は、前日から紫外線のダメージを最小限に抑えるため、
入念に保湿ケアを行うそうです。あなたも翌日紫外線に長時間あたるという前の日は、潤いを逃がさない
お手入れをしてくださいね^^。 保湿パックや乳液なども含めてケアするのがいいでしょう。

■相変わらずダントツ人気の化粧下地♪
 アプロス シルキーカバーオイルブロックは、矢田亜希子さんもおすすめの化粧下地

■毛穴カバーとして人気のファンデはこれ
ぴたっと密着、毛穴カバー!新感覚のミネラルファンデ エトヴォス 楽天よりお買い得